「美容」に興味がない女性が実は約半数⁉

雑誌、書籍、テレビ番組などでは、美しい女性や美に余念のない美意識高い女性たちばかりが登場するため、女性の美容方法と言えば「エステ」を思い浮かべたり、多くの女性に美容そのものへの強いニーズがあると思われがちだが、全体で見ると、美容意識が高いのはほんの一部で、大半はそうでもないようだ。

美容に対する考え方でクラスター化した面白い調査結果がある(三菱総合研究所調べ 20~69歳の男女30,000人のうち女性対象)

画像引用元:三菱総合研究所

画像引用元:三菱総合研究所

トップ3に並ぶのは、美容に「ほぼ興味がない」と言えるクラスターと、自分流に様々な方法で美容を行うクラスター。年代別に示しているわけではないので、年代別で見たら各年代でそれぞれの特徴が見えてくるかもしれないが、「美の伝道師派」のような熱心な美容オタクは、全体から見るとあまりいないようだ。

  • 1位 美容に興味がない「のんびり派」(24 %)
  • 2位 最低限のケアのみを行う「近所のおばさん派」(21%)
  • 3位 美容に興味あるがエステには行かず、自分で情報収集して何でもする「自分で何でも派」(17%)

美容に興味のない「のんびり派」に美容の意識改革を促すのは難しいが、「近所のおばさん派」に向けて「手間がかからない商品・サービス」を届けるためのタッチポイントを模索したり、「自分で何でも派」に向けて充実した情報を発信したり、自宅で手軽に取り組める商品・サービスを提供することができれば、この大きなクラスターを振り向かせることができそうだ。

詳しく知る
■「日本人はこんなタイプに分けられる 美容女性クラスターによるタイプ分け」

関連記事
■50代女性の美容ニーズに応えるには「一点型」より「全体型」
■男性に指摘されたら恥ずかしい老化現象TOP4から考える美容戦略
■正しく女性ニーズを掴むために。女性の閉経・更年期を理解しよう

一緒に読まれている記事