インドの超富裕層、美容への関心高まる 「外見重視」の傾向に

インドで超富裕層と定義される1,200人の女性の合計資産額は10億ドル(約1,100億円)。その彼女たちが今関心を持っているのは、化粧品、ファッション、ジュエリーなど。特に、働く女性やアクティヴな生活を送っている女性の消費性向が高く、外見を重視する傾向があるという。

関連記事
■米国ではサプリ市場安定も、マルチビタミンの利用者は減少
■2016年国慶節商戦、間近!中国人が日本でしたいこと・買いたい物は?
■シンガポールの病院はまるでショッピングモール

一緒に読まれている記事