高齢化と人口減少で縮小する個人消費 打つべき対策は?

「高齢化」と「人口の減少」、ダブルの社会問題が、今後の個人消費を縮小させていくと言われている日本において、企業がこれから生き残るためにすべきことは何か?

もちろん国民全体の消費を底上げすることがカギとなるが、その答えは各企業が「世代別やライフコース別、そして時代ごとに変化する消費者のニーズを常に捉えた製品開発やサービスを提供する」ことにある、と藤田隼平氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査本部調査部研究員)は提言している。

人口を大きく占めるシニア世代の消費力を引き出すだけではなく、今後高齢者となっていく各現役世代が、活発な消費を続けていくことができるようなマーケティング対策をも同時に進めていくべきとしている。

ライフコースを理解した上で、各ライフステージで起こりうるニーズを細かく捉えたマーケティング視点の必要性は、今後さらに重要性を増すだろう。⇒レポート:高齢化と人口減少で縮小する個人消費〜必要なのは「高齢者」対策ではなく「高齢化」対策〜

関連記事
■販売戦略設計にはライフコース分析が必須
■「女性の生き方の複雑化」が社会構造・経済・企業に影響する理由
■「要介護の高齢者数」2013年以降、増加の伸びが男女ともに縮小へ

一緒に読まれている記事