通う理由は「人と交流したいから」 ダイエー内に健康サロンオープン

東急スポーツ(東京・港区)は11月1日(木)、健康長寿に必要な要素である「人との交流」と、「健康」をテーマにしたシニア向けの健康サロン「らくティブ赤羽」をオープンした。

画像引用元:らくティブ赤羽

画像引用元:らくティブ赤羽

場所は、地域のシニアが日常的に利用するダイエー内(赤羽店)。健康サロンでは、順天堂大学と共同開発したロコモ予防の運動、栄養セミナー、脳活ウォーク、腰痛・膝痛予防など、シニアの健康長寿を軸にしたプログラムを提供する。

会員同士でお茶やおしゃべりを楽しめるラウンジもあり、「人と交流したい」ニーズのあるシニアにとって、それも一つの「通う」理由となりそうだ。

 

詳しく知る
■らくティブ公式HP
■リリース情報「大人のための健康サロン『らくティブ赤羽』ダイエー赤羽店内に11月1日オープン」
■「買い物のついでに健康づくり、高齢者向けの健康サロン開業」 日刊工業新聞

関連記事
■高まるウォーキングへの関心 ミズノがシニア向けにPR
■分かりやすい図解!「ステージ×年代別」シニアのニーズ
■シニア女性が大事に思うものランキングTOP8