日本女性が参考にする、米国セレブ愛用の人気コスメランキング

ファションだけでなく、美容・健康・ダイエットのお手本として常に日本でも注目を集めるのが、米国セレブのライフスタイルや愛用コスメ。20代の女性を中心に読者を抱える海外セレブのゴシップマガジン「ゴシップス11月号(日本ジャーナル)」では、セレブたちの愛用コスメを部門別にランキング化。

セレブの影響力は絶大なので、これから日本でも注目を集めそうだ。ランキングの中でも、特に今の国内トレンドと相性の良いファンデーション部門、リップスティック部門、ネイル部門を見てみよう。

ファンデーション 第一位はジジ・バディットが広告塔のクッションファンデ

  • 1位 メイビリンニューヨーク  ピュアミネラルBBフレッシュクッション
  • 2位 ジョルジオアルマーニビューティー  ルミナスシルクファンデーション
  • 3位 江原道  マイファンスィーモイスチャーファンデーション

第1位は、アットコスメのファンデーション部門で第2位を獲得した(2015/11/1~2016/1/31)メイビリンニューヨークのクッションファンデ。国内外で今大人気のジジ・ハディットが広告塔として抜擢されていることも、国内で人気となった一つの要因と言えそうだ。

リップスティック部門 またまた第一位はメイビリン

  • 1位 メイビリンニューヨーク カラーセンセーショナル
  • 2位 M・A・C リップスティック
  • 3位 メイクアップフォーエバー アーティストルージュ

リップスティックも、メイビリンニューヨークが第1位に。トレンドに合わせて様々な種類や新色が次々に登場するメイビリンは、日本国内でも根強い人気だ。今、日本ではトレンドの赤系リップのうちダーク系がこの秋冬の人気カラーだが、リップの「赤ブーム」は、これからも続きそうだ。

ネイル部門

  • 1位 O・P・I ネイルラッカー
  • 2位 エッシー ネイルポリッシュ
  • 3位 デボラ・リップマン ジェルラボプロ

 

O・P・Iは、カラーの種類が豊富で発色も良いことから、長い間、日本国内においても支持されている。多くのネイルサロンでも取り扱っている。1本2,000円と、決して安くはないが、セルフネイルをする女性が増えている今、O・P・Iはやはり不動の人気だ。

関連記事
■20代に大ブームの「イガリメイク」、30代女性から高い支持
■アメリカでヒットの「ビューティブレンダー」、日本女性にも大人気!
■ファッションもメイクも韓国がお手本!韓国ブーム再燃

シェアする

一緒に読まれている記事