ローソン、介護拠点併設型4店舗目オープン!コンビニ=健康が本格化

ローソンが、2016年1月15日に、介護相談窓口やサロンスペースなどを併設したケア(介護)拠点併設型店舗を山口県宇部市にオープンした。ケア(介護)拠点併設型店舗は、これまでに埼玉県で2店舗、新潟県で1店舗展開しており、今回は4店舗目。ローソンが目指しているのは、高齢化や消費者の健康意識の高まりに対応できる次世代型のコンビニモデル

地域住民の健康をサポートする機能を兼ね備えているのが最大の特徴

店内には、通常のローソンの標準的な商品に加え、介護食や、小分け惣菜、生鮮品、米菓・和菓子など、シニアのニーズに応えた商品も並ぶ。そして何と言っても大きな特徴は、ローソンのコンセプト「マチの健康ステーション」の通り、地域住民の健康をサポートする機能を兼ね備えていること。今回宇部市にオープンした店舗の特徴は、

  • ケアマネジャーまたは相談員が駐在する、河村福祉サービスが運営する介護相談窓口を併設
  • 元気で安心できる地域コミュニティをサポートする場として、自治体等地域関連情報も提供するサロンスペースを設置
  • コンビニの標準的な商品に加え、シニアの方々にお馴染みの菓子、日用品、 雑誌・書籍や介護関連商品を品揃え

シニア本人だけではなく、シニアと一緒に暮らす家族や介護をしている家族にとっても頼もしい存在になるのは間違いないし、何と言っても、日常的に利用するコンビニストアで「ヘルスケア」できるのは、地域住民たちの健康意識を高めたり健康行動を喚起するきっかけになるだろう。
関連記事
■やせる!コンビニ飯本発売。健康ローソンvs男性的デイリーヤマザキ
■ローソンがロカボパスタ発売開始。食は制限系よりゆるやか系

一緒に読まれている記事