東京ど真ん中の温泉旅館、「星のや東京」開業日決定

星野リゾートが東京大手町に開業する「星のや東京」の開業日が2016年7月20日に決定し、公式ホームページでの予約受付を開始した。星のや東京のコンセプトは「塔の日本旅館」。

徹底した和を追及したコンセプトが特徴

18階建ての温泉旅館(源泉名は大手町温泉)で、徹底的に「和」を追求。江戸小紋のモチーフをイメージした外観、客室は全て畳、日本伝統を感じさせる竹素材や障子、日本料理、日本的なくつろぎ方を提案する空間。

画像引用元:星のや東京

 

今はまだ詳細が公開されていないが、大手町の立地を生かしたアクティビティや催しも「伝統とモダンを感じる」を軸にしています。その土地その土地の資源を生かした「宿の魅力づくり」が得意な星のやが、大手町からどのようなモノ・コトを発信していくのか、楽しみだ。

東京ど真ん中で「ザ・日本」を追及するこだわりとは?

超高層ビルが立ち並ぶ東京のど真ん中で「The日本」を追求するそのこだわりは、星野リゾート代表星野氏の言葉からも伺えます。

画像引用元:星のや東京

 

星野リゾートは、地域に元々あるモノやコトを素材にして、宿の魅力を創り続けています。お客様にその地をわざわざ訪れてい ただくための価値を感じていただくためには、そうすることが効果的であるからです。

 

今回、東京にホテルをつくるというお話をいただいた時、私の発想は混乱 してしまいました。「東京では訪れる価値を自分がつくる必要なんかない」と感じたからです。

もともとあったモノがなくなってしまった東京。ここに日本旅館が必要だと今 は誰も思っていないのですが、たった一つ残っていたとしても不思議ではありません。なぜ残ることができたのか。それは日本旅館が西洋ホテル以上に快適で機 能的であるために進化し続けたからなのです。(引用元:日本旅館を東京に)

 

 

画像引用元:星のや東京

 

ヘルスツーリズムの先駆けとしても知られる星のや。東京ど真ん中でもヘルスツーリズムが堪能できるようになるかもしれない。

関連記事

■ドコモ・ヘルスケアに学ぶ女性へのPR。今後は企業によるヘルスツーリズム
■女性が喜ぶサービスが徹底している温浴施設、テルマー湯は参考になる
■伸びるタビナカ需要。新しい旅行の形、人気ランキングTOP30

一緒に読まれている記事