健康経営銘柄に選定された企業に学ぶ、健康経営ハウツー

今年で第2回目を迎えた健康経営銘柄の発表があったが、では具体的に、選定された企業ではどのように健康経営に取り組んでいるのだろうか?

健康経営の定番の取り組み例

  • 保健師を設置し、社員の健康フォロー体制を整備している
  • 人間ドッグ受信対象年齢の拡充による、疾病の早期発見・早期治療の促進
  • 社内スポーツ大会の実施
  • チーム対抗ウォークラリー
  • 禁煙支援
  • 時間外労働削減
  • 年休取得促進への取り組み
  • 食堂でヘルシーメニューを提供
  • 健康経営に関する最高責任者の設置
  • 健康セミナー
  • 運動講習会
  • リラクゼーションルームの設置
  • カウンセリングルームの設置

各社独自の工夫をこらした取り組み。楽しく健康に興味を持てそう

  • 社員飲酒ルールの制定
  • 禁煙コンテスト
  • 健康川柳イベント
  • 卒煙マラソン
  • 健康行動を起こした対価として、コンビニで利用できるポイントを付与

他、乳がんMRI検査について費用を補助する例もある。企業が社員の健康を様々な形でフォローしている。労働時間の削減や年休取得の促進などは、心身の健康状態を良くするばかりか仕事へのモチベーションにもつながるので、生産性の向上に直結しやすい。中小企業にも今後伝播していけば、日本全体の労働環境はとても良くなると期待できる。

下記PDF内では、昨年発表された22社各社の取り組みが紹介されている。すでに今健康経営に取り組んでいる企業も、これから取り組もうと思っている企業も、参考になることが多い。

健康経営銘柄に選出された企業の健康経営の取り組み事例

 

ウーマンズラボ健康経営銘柄事例2 ウーマンズラボ健康経営銘柄事例3ウーマンズラボ健康経営銘柄事例4 ウーマンズラボ健康経営銘柄事例7

 

関連記事
■健康経営銘柄2016発表!選定された25社は?
■女性の健康を守る新案。チェックしておきたい「女性健康包括的支援法案」
■予防医療分野で行動変容を促せた成功事例。「乳がん検診」編

 

一緒に読まれている記事