実店舗での新たな電子販促ツール、「ぽぷろう」がかわいい!と人気

現場スタッフがその場ですぐにPOPを投稿できるアプリの提供を開始したネットイヤーグループ(東京・中央)の「ぽぷろう」が、店舗でも女性消費者の間でも人気になっている。スーパや花屋さん、ドラッグストア、雑貨屋さんなどたくさんの種類の商品を提供する実店舗にとっては特に販促効果を多いに期待できそうだ(画像引用元:ぽぷろう)

ウーマンズラボ ぽぷろう1
「ぽぷろう」というネーミングもロゴもかわいい。

ウーマンズラボ ぽぷろう3
例えばスーパーでみかんを1個¥80で売る2割引のタイムセールがあるとしよう(上記写真の右上みかん)。そしたらその場でスマホで撮影してアプリを使ってイラストや文字を入れてアップ=お客様のもとへ情報が届く、という仕組みだ。上記のように様々なカワイイデザインをカスタマイズでき、まるで雑誌のようなかわいさ。女性消費者にもぽぷろうが支持されるのが納得だ。例え流れてきた情報の商品自体に興味がなくても、かわいいPOPデザインだったり、ちょっと面白いデザインというだけでお客様の反応が上がりそうだ。では、シュフーなどの電子チラシアプリとは何が違うのか?

 

ウーマンズラボ ぽぷろう4
一番の魅力は、現場の声を最も分かっている現場のスタッフが、思ったときにいつでも何度でも、かわいいデザインでPOPを出せること。料金も非常に良心的なので実店舗での新しい販促方法の一つとして期待できそうな新サービスだ。

 

関連記事
■予防医療分野で行動変容を促せた成功事例。「乳がん検診」編
■東京丸の内OL1000人に聞いたカラダの悩みTOP5
■60代が「健康寿命を延ばすために重要だと思うこと」ランキングTOP5

一緒に読まれている記事