【観光庁】訪日外国人の消費動向調査 情報収集で活用したものTOP10

平成27年の訪日外国人旅行消費額は3兆4771億円で初の3兆円を突破した(前年比71.5%)。訪日中国人は、日本にくる前にすでに購入するものを決定している、ということは既に日本のマーケターたちの間でも広く知られていることだが、では訪日外国人たちは日本での消費行動を決定する際、何を参考に情報収集をしているのか?ランキングTOP10はコチラ(観光庁訪日外国人消費動向調査調べ)

ウーマンズラボ訪日客情報収集

 

  • 1位:個人のブログ
  • 2位:自国の親族・知人
  • 3位:日本政府・観光局HP
  • 4位:旅行会社HP
  • 5位:旅行・ガイドブック
  • 6位:日本在住の親族・知人
  • 7位:宿泊施設HP
  • 8位:口コミサイト
  • 9位:SNS
  • 10位:宿泊予約サイト・旅行会社パンフレット

企業や行政の情報よりも、身近な人や生活者たちの声の方が参考にされているようだ。企業や行政は自社発信情報と併せて、サイトやパンフレットの中に「体験者の声」「口コミ」など一生活者たちの声を豊富に掲載するようにしてみてはどうだろうか。

 

関連記事
■【2015年】無料観光人気スポット、TOP20。キーワードは自然体験
■東京ど真ん中の温泉旅館、「星のや東京」開業日決定

 

一緒に読まれている記事