女性の購買意欲を高める!7つの秘訣を美食女子グランプリに学ぶ

日本能率協会は、2016年の「FOODEX美食女子グランプリ」と「ママの愛グランプリ」受賞ノミネート全65製品が決定したと発表した。グランプリは、3月8日(火)、FOODEX JAPAN2016の会場内で発表される。この中から実際にいくつの商品が2016年のヒットに繋がるか、業界全体が注目している。

 

ウーマンズラ美食女子

 

美食女子グランプリとは、アジア最大級の食品・飲料展示会FOODEX JAPANの公式組織である美食女子メンバーが審査員となり、彼女たちが「女性目線」で食品・飲料メーカーの商品のグランプリを決める食の一大イベントだ。

美食女子は、モデル、フードコーディネーター、栄養士、美容料理家、食生活指導士、フードコーディネーターなど、食の意識が高い20〜40代の女性たち約50名で構成されている。2013年よりスタートし今年で4回目を迎える本イベントは、年々企業の注目を集めている。その理由は何と言っても、やはり、受賞後の売り上げの伸びだ。FOODEX JAPAN内でグランプリが決定されることはもちろん、ノミネート商品が会場に並ぶので、バイヤーに注目されやすい。小売・流通業界紙でも紹介され、多くのメディアでも取り上げられる。もちろん、実際に消費者の目につくよう、受賞商品にはロゴマークがつけられる。

画像引用元:美食女子グランプリ

 

女性の購入意欲を高める商品、7つのポイント

美食女子グランプリに適した商品とは、「女性自身が買いたい、食べたい食品・飲料」であること。審査項目から、「女性が商品を購入する時に何を見ているのか?」いわゆる、一般的な「女性目線」がわかる。

  • 食べやすさ
  • パッケージ・ビジュアル
  • オリジナリティ
  • 売価・コストパフォーマンス
  • ボリュームの適正
  • 口コミ・つぶやきの適正

ママの購買意欲を高める商品、7つのポイント

ママの愛グランプリに適した商品とは、「ママが、『子どもに食べさせたい』食品・飲料」であること。審査項目は以下。美食女子グランプリとはちょっと違う角度から審査される。家族の健康を気遣ったり、育児と家事を上手にこなしたいと願うママならではの視点だ。

  • 売価・コストパフォーマンス
  • 安全性・栄養価
  • ボリュームの適正
  • 容器・パッケージ
  • 簡便性、時短
  • 共感力、口コミ適正

 

関連記事
■30代~70代各年代の女性の健康の悩みTOP10と、女性の悩み3つの特徴
■進むクロスジェンダー化を利用して、売れない商品を再度売れる商品に変えるヒント
■シニア女性の顔の悩み7つ、分かりますか?シニアの心を掴む資生堂のデザイン

一緒に読まれている記事