資生堂×マツモトキヨシのコラボ商品、保湿液生まれの透明ファンデ

マツモトキヨシ×資生堂5資生堂(東京・中央区)とマツモトキヨシ(千葉・松戸市)が、夜のスキンケアにも使えるノーカラーファンデーションを共同開発、2016年2月に発売開始した。販売開始から約半年で限定数の出荷を終え、2017年は引き続きパッケージデザインを刷新し、全国のマツモトキヨシグループ店舗で数量限定で発売する。

「洗顔のあとに、うるおい補給しながら、毛穴の見えないたまご肌になれちゃう」のが商品特徴。すっぴんでいたいときの新習慣として、web上の口コミ評価上では、肌悩みがまだ少ない若年層に人気のようだ。⇒ニュースリリース「資生堂×マツモトキヨシの共同商品開発」(マツモトキヨシホールディングス)

<編集部おすすめ記事>
新トレンド「ミニマムメイク」とは?
化粧下地で最も低い評価だった化粧品は?
カラコンニーズの年齢上昇 メイクアイテムの一つに
ヘアメイクトレンド「色素薄い系女子」を理解しよう
30~70代女性に響く「健康・美容」のキーワード
白髪に憧れる女性75%?エイジングは「ありのままを受容する」流れに

一緒に読まれている記事