つまり…?資生堂×マツモトキヨシのコラボ商品、保湿液生まれの透明ファンデ

マツモトキヨシ×資生堂5資生堂(東京・中央区)とマツモトキヨシ(千葉・松戸市)が、夜のスキンケアにも使えるノーカラーファンデーションを共同開発、2月21日(日)に発売開始した。資生堂の商品というと、プチプラよりも高めの価格帯というイメージがあるが、そんな資生堂の商品がマツモトキヨシとの共同開発なら、きっと安くて質が良いんだろう!という期待に胸ふくらませ、商品説明を見てみると・・・。あれ?つまりこの化粧品って何だろう・・・?

○洗顔のあとこれ1本で、うるおい補給しながら、毛穴の目立たない明るいたまご肌になれる保湿液ベースのノーカラーミネラルファンデーションです。

○保湿液としても、ファンデーションとしても使えます。

○肌色がつかない透明タイプです。

○夜のスキンケアの代わりにも使えます。

○高い保湿効果を持った処方を採用しています。-素肌にうるおいを与え、密封マスクする高美容保湿液成分

○毛穴をカバーし、つやを与えます

(引用元:資生堂ニュースリリース)

商品の特徴を読めば読むほど、混乱する・・・

スッピンになったとき、少しでもスッピン肌がキレイに見えるようにという商品なのだけども(以前から「すっぴん風メイク」というのがひそかに女性の間では広まっているがそれらよりも、もっと肌ケアを意識してよりナチュラルになった商品がこちらなのだろう)、何度解説を読んでも商品特徴が頭に入ってこない。

ファンデーションなのに、夜のスキンケアにも使えるの・・・?
毛穴をカバーしてつやを与えるほどカバー力があるのに、そのまま落とさず夜寝てしまってもいいの?
ファンデーションが化粧水や乳液の変わりになるほど保湿してくれるの・・・?

口コミ評価を見ると「ターゲットが謎」「残念な商品」

「ファンデ」という言葉を謳っている以上、それをつけたまま夜寝るのは怖い・・・。しかも毛穴をカバーしたまま夜寝ちゃったら毛穴がもっとひどくなりそう。しかもファンデーションなのに、「洗顔後これ1本でスキンケア」ができちゃうなんて、本当に保湿されるのかなぁ・・・。なんだか、あれもこれもでよく分からない。ということでそう感じるのは私だけ?と思い、早速@コスメに2件の口コミが投稿されていたのでチェックしてみた。

 

 

たしかに、¥1,000とプチプラでコンセプトも斬新なのだが「結局よく分からない商品」だ。商品を試していないので分からないが、資生堂とマツキヨの共同開発商品なのだからきっと質は良いはず。口コミにも「美肌アプリを使ったかのようにお肌がフラットに!」とあるのだからさすがの技術力だ。

こんな明確で分かりやすい打ちだし方の方が、女性は振り向く!

打ちだし方がもったいない…。商品の魅力と打ちだし方がミスマッチだから、いまいちな評価になってしまうのではなかろうか?中途半端に「毛穴もカバー!」「透明ファンデーション!」「スッピンでも肌をキレイにみせる!」「夜のスキンケアに!」「保湿効果高い!」など、あれもこれも謳うよりも、例えばこんな打ちだし方の方が、消費者も「商品理解」が一発でできる上に、明確に「利用するシーン」をイメージできる。

「彼とお泊りの夜に。メイクを落とした後も、これ1本で保湿&肌カバーが叶う!夜専用ノーカラーファンデーション」
洗顔後、彼に隠れてこっそり透明ファンデを塗っても、ばれない!毛穴が目立たない卵肌になれちゃうのに、高美容保湿液成分入りだから寝てる間もしっかりスキンケアができちゃう!

口コミにもあるような「保湿や毛穴カバーはいいけど、塗ったまま寝るのはちょっと・・・」というマイナス面を、上記のような打ち出し方にすることで「夜、彼とお泊りするときにファンデーションがっつり塗ったまま寝るよりは、こっちのノーカラーファンデーション塗って寝る方が、肌もこっそりキレイに見せられる上にお肌にも良さそう!」とプラスに変えることができちゃう。

彼とお泊りするときの多くの女性の悩みをご存知だろうか?

「スッピンになっても『かわいいね!』と言われたい。だから洗顔後もこっそりすっぴん風メイクだ!でもなぁ・・・。明日は朝からあちこちデートで出掛けるから、明日の朝肌が荒れていて、「朝見ると、こいつ肌汚い女だな」と思われて幻滅されたくない・・・。どうしよう!」

夜のお泊りは嬉しい半面、お泊りしてると自宅のときにいるようなスキンケアもしっかりできないし、まるっきりスッピンになるのも嫌だ・・・。かといって、ファンデーション塗ったままじゃ明日の朝肌が荒れるし・・・。と複雑な気持ちなのだ。こちらの新商品、今の打ちだし方はなんだかよく分からない商品だけど、打ちだし方を違う方向に変えることで、超人気商品になりそうだ。

 

関連記事
■平均価格¥3,000?「エステは安い・リラクゼーションは高い」の二極化を脱する方法
■シニア女性の顔の悩み7つ、分かりますか?シニアの心を掴む資生堂のデザイン
■30~50代女性の「しわ・たるみ」の対策方法TOP10

一緒に読まれている記事