【展示会情報】和食産業展2016。中食市場拡大で、今年のテーマは和惣菜

2016年3月9日(水)から3日間、幕張メッセ(千葉・千葉)で「和食産業展」が開催される。和食に関する食品・飲料・製品・機器の専門展示会。今年のテーマは「和惣菜」。

女性の社会進出や就職率の上昇によりスーパーマーケット、コンビニ、中食、外食等の利用者が増えていること、また、高齢者世帯で求められる調理の負担軽減や低栄養問題の改善などを踏まえ、和惣菜拡充を提案する。2013年に和食がユネスコの無形文化財に登録されたことで、和食文化に対する関心は世界中で年々高まっているので、国内にとどまらず国外からも多くの人が集まりそうだ。食関連の企業だけではなく、ヘルスツーリズムを考えている宿泊施設やスパなどの美容施設にもオススメ。

【イベント名】
和食産業展2016

【日時】
2016年3月9日(水)〜11日(金)

【場所】
幕張メッセ 10ホール

【概要】

歴史と伝統のある和食文化の継承と発展、および海外への和食文化の普及を通し、わが国の食品・飲料をはじめとする関連産業のさらなる振興を図ることを目的として和食産業展を開催いたします。和食における食材の使い方、組み合わせ方、盛りつけ方、提供の仕方などを、効果的に発信することで、日本に根付いてきた和食文化を世界に広めるチャンスです(引用元:和食産業展)

【出展】
食品メーカー、飲料メーカー、調理機器メーカー、その他

【来場者】
小売、外食、ホテル、旅館、商社、卸

【入場料】
5,000円

【同時開催】
FOODEX JAPAN2016

 

関連記事
■美食女子グランプリ商品に学ぶ、女性に選ばれる商品コンセプトTOP3
■「オイシックス×たまひよ」で、妊娠・産後ママの食事をサポートするサービス開始
■健康カップ麺、発売3カ月で1000万食突破で大ヒットの理由

一緒に読まれている記事