お薬手帳ポータルサイト「チェックフォーミー」開始。電子化で一元管理

パナソニックヘルスケア(東京・港区)は、電子版お薬手帳の情報を、全国の医師、薬剤師、家族などと共有・閲覧できるポータルサイト「chk4.me™(チェックフォーミー™)」を、4月1日に立ち上げる。特徴は3つ。

  1. 全国の医療機関・保険薬局、家庭からでも、服用情報の閲覧が可能
  2. 閲覧者、利用者に必要な動作を低減した簡単な閲覧方式を採用
  3. 各電子版お薬手帳サービスプロバイダとの共用を実現

 

 

これまでにも電子版お薬手帳のアプリはあったが、医師や薬剤師など服用情報を確認する人にスマホなどの端末を手渡す必要があった。チェックフォーミー™は、ポータルサイト上での確認になるので、安心だ。これまでお薬手帳が面倒で使わなかった、あるいは使っていても持ち忘れが多かった人たちもチェックフォーミー™の登場により、利用する人が増えるかもしれない。どの病院に行っても、いつでも現在・過去の服用の状況がわかるようになる。今まで脇役だった(本当はとても重要なのに!)「お薬手帳をきちんと確認する」という習慣が当たり前になるかもしれない。

関連記事
■女性の健康の悩み、対策方法は「病院」「市販の薬」「健康食品」のどれが1番?
■「大人用紙おむつ」イメージが変わる?購入時の心理的抵抗を払拭する大王製紙の工夫
■「年齢がばれると女性が思うパーツ3つ」から考える、こんなビジネスチャンス

一緒に読まれている記事