化粧品の購入動機は?購入時に知りたいことランキング10

新しく化粧品を購入することに関するアンケート調査結果で、改めて女性の買い物は男性と比較して、一つのブランドに対するこだわりがないことが分かった(GODMake.調べ)

新たに化粧品を購入する時に知りたいことは何?

  • 1位:自分の肌に合うかどうか(19%)
  • 2位:使用感(18%)
  • 3位:価格(14%)
  • 4位:クチコミサイト評価(13%)
  • 5位:コスパの良さ(12%)
  • 6位:成分(6%)
  • 7位:美容専門家やブロガーの評価(6%)
  • 8位:人気商品かどうか(5%)
  • 9位:ブランド名(4%)
  • 10位:友人の評価(3%)

化粧品の購入動機に大きな影響を与える「知りたいこと」の中で、10位中4つランクインしたのは「他者の評価」だ。新しい化粧品を開発・販売しているけど、売れ行きがいまいちだなぁと思ったら、「評価」を増やしていく仕組みをつくったり、評価してくれた人には○○プレゼントといった、評価を集中的に増やしていく戦略をとってみるのはどうだろう。

超人気商品なら放っておいても、口コミサイトで盛り上がってくれたり、お願いしなくても美容ライターが勝手に口コミブログを書いてくれるなどしてネット上で盛り上がってくれそうだが、そうではない場合、お客様が評価してくれた内容をパッケージやパンフレット、HPでしっかりアピールしていこう。消費者には「しつこい!」と思われる程に何度も何度もアピールしてこそやっと、記憶に残っていく(ライザップのCMの「しつこさ」が分かりやすい例だ)。口コミが大事とはわかっていても、意外と口コミを増やしてそれを見込み客にしっかり伝えるための仕組みが整っていないケースは多い。

新しく化粧品を購入する時、ブランドのこだわりは?

メーカーからするとショックな結果でもあるが、女性の購買行動の特徴をよく表している結果である。

化粧品へのこだわり

画像引用元:GODMake.

  • 1位:あまりない(他に良いものがあれば切り替える)(46%)
  • 2位:ある(他のブランドも、トライして良いと思えば買う)(39%)
  • 3位:全くない(ブランドではなく機能や色などで毎回選んでいる)(11%)
  • 4位:非常に強くある(今のブランド以外は使いたくない)(4%)

ブランドへのこだわりがない、が半数。そして「絶対にこのブランド以外は使いたくない!」という神のようなお客様はたったの4%…。一つの商品・サービスを長く愛用し続ける男性と比較して、女性は色々使いたくなる。それが美容系商品・サービスであればなお、顕著になる

女性に長く自社商品を愛用し続けてもらうためには、かなりの努力や工夫が必要だ。その具体的なアイディアや戦略についてはまたの記事で随時ご紹介していく。あわせて以下の関連記事も参考になるのでどうぞ!

関連記事
■資生堂に学ぶ、コモディティ化商品から脱却する方法
■まつ毛のカールを長時間キープするマスカラ下地が人気。口コミ好評価
■女性の声に耳を傾けて、ヒット商品を生んだKOSE。AorB戦略とは?

一緒に読まれている記事