TSUTAYAがメディカルフィットネス開設。医師アドバイス

代官山の蔦屋書店の1号館3階に健康増進・疾病予防のためのメディカルフィットネス施設(クラブフィットネス代官山T-SITE)が2,016年7月4日に開設される。医師のアドバイスを受けながら生活習慣病の予防改善ができる。運営は医療法人社団のナイズ。

医療のデータ、運動のデータ、食事のデータの融合と、健康管理を軸とした継続可能な運動プログラムの提供を行っていきます。メディカルフィットネス施設とは、病院・診療所に併設される運動施設で、ボディメイクや体力向上を目的にすることはもちろんの事、医師や看護師、トレーナーのアドバイスを受けながら、生活習慣病の予防・改善を目的にすることもできる施設です。専門の医師による『運動処方箋』を元に健康運動指導士またはそれに相当する経験のあるものが個別に運動プログラムを作成するため、通常の運動施設以上に安全な運動方法が提供されます。(引用元:ナイズ)

完全予約制で独占利用。しかも6ヶ月に1回の健康診断(各種血液検査、尿検査、レントゲン、心電図、医師面談等、個人に合わせてカスタマイズ)までついている。医師との連携による非常に質の高いサービスが受けられることは間違いない。お値段はというと…入会金が30万円、月会費5万円!利用できる層は所得が高い層に限られそうだが代官山という立地上利用者は多そうだ。

 

場所は上記図の1号館部分。クラブフィットネス代官山T-SITE詳細はこちら

関連記事
■日本の「長寿」は不幸?健康を顧みなかった愚かさと代償

一緒に読まれている記事