【動画】資生堂が国際的広告賞で最高賞。消費行動を促す動画とは?

国際的な広告賞である「ニューヨークフェスティバル(※)」で、資生堂のWEB動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」が、最高賞である「Best of Show」を受賞した。

ニューヨークフェスティバルのプレジデントであるマイケル・オー・ルーク氏は「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」はジェンダーに関わらずすべての人に通じる美を見事に描き、私たち個人や社会が、美とは何か考えるきっかけを与えてくれた」と絶賛。(引用元:資生堂)

2015年10月にYoutubeで公開されたこちらの動画は940万回の再生回数となっている。早速その動画を見てみよう!この動画、後半から「?!」となるのでぜひご覧頂きたい!「誰でもメイクで可愛くなれる」を改めて実感できる、多くの女性に勇気を与えてくれる内容になっている。こういう訴求の動画こそ、消費行動を促す。940万回の再生回数と、最高賞を受賞したのも非常に納得の作品である。

(※)ニューヨークフェスティバル
「ニューヨークフェスティバル」は、今回で設立59年を迎える国際的な広告賞で、カテゴリーごとに合計400名強の審査員が事前審査を行い、二次審査ではエグゼクティブ審査員が主要カテゴリーを横断して審査を行う。今年は80以上の国と地域から出品があった。

関連記事
■【動画】再生回数125万回。パナソニックの「愛してるで暖めよう」
■【動画】共感を得るのは「外見の美しさ」ではなく…SK2の新コンセプト
■男性に指摘されたら恥ずかしい老化現象TOP4から考える美容戦略

一緒に読まれている記事