ニューバランス、スニーカーブーム背景に3年で15店舗出店予定

健康志向・エフォートレスファッションブームにあわせて、スニーカーがブームになった。スニーカーブームにより、今まで弱かった10代後半~20代前半の女性も多く取り込むことができ、日本法人のニューバランスジャパンの2016年12月期は9年連続の増収の見込みだという。

「3月にお台場に店を開いたが、それまでは東京の青山と大阪のミナミの2店舗だけだった。中国では約3000店、韓国では約400店あるので、アジアの主要国の中で日本はかなり遅れている。新たな『ニューバランス』のイメージを体現できる規模の大型路面店を開く。その後は5大都市を中心に、それぞれの地方に合わせた路面店を出店していきたい」と同社社長は話す。

都心に開く予定の旗艦店では売り上げや利益を第一目的とせず、あくまでこれまで軸としてきたライフスタイルと、今後強化していくアスレチックを融合した世界観を表現し”、世界で一番”の店を目指す。まずは都心に約1000平方メートルクラスの大型旗艦店を開き、その後も都内や5大都市を中心に3〜4年で10〜15店舗の路面店を出店する予定だ。(引用元:WWW.com)

スポーツ用品は、ナイキとアディダスが圧倒的に強い。

  • 1位 売上高3兆円台の米ナイキ
  • 2位 2兆円台の独アディダス
  • 3位 4000億円台の米アンダーアーマー、独プーマ、アシックス、ニューバランス

関連記事
■フィットネス業界が好調な理由と今のトレンド
■暗闇ボクシング上陸!新フィットネスの潮流は暗闇×音楽

一緒に読まれている記事