英国EU脱退の日、欧州では「寝不足ぎみ」がフィットネストラッカーで判明

世界中を駆け巡ったニュース、イギリスのEU脱退の日は欧州の人たちは平均睡眠時間が35分減少したことが、フィットネストラッカーのデータからわかった(Jawbone調べ)。フィットネストラッカーとは、腕に巻くだけで運動や睡眠についての記録をしてくれるウェアラブルデバイスのこと。

eu離脱で睡眠不足2

ウェアラブルデバイスでよりパーソナルでリアルな情報やデータが集まる時代になった。現在は利用者はまだまだ少ないが、多くの人にとってウェアラブルデバイスを身につけて健康管理を行うのが当たり前になっていけば、これらデータを統合したビッグデータをマーケティングに活用するといった施策が進んでいきそうだ。

関連記事
■女性に人気のアプリランキングTOP20発表
■TwitterでシェアされるURLの59%はクリックされない?
■【経産省】2015年EC市場規模13.8兆円、スマホ市場は意外な結果?

一緒に読まれている記事