ユニクロのブラトップは胸が垂れない!女性ニーズに応えて爆人気

ユニクロが先駆けのブラトップ(カップ付きキャミソール)は、女性のインナー事情に革命を起こした画期的な商品。ブラトップ発売当初は「楽ちんだけど、バストが垂れそう」という声も多かったものの、近年はユニクロ含め、ユニクロのブラトップ人気に続く各社発売のブラトップはそのデメリットを解消しつつある。

もちろんブラジャーの方がバストの位置を高くしたり、形を保つ技術はあるものの「ブラジャーは苦しい」「面倒」「透けるのが嫌だ」「値段が高い」というブラジャーならではの不満を解消してくれるブラトップは、一度使うと病みつきになる女性が急増している。女性のニーズに正確に応えることの大切さを改めて実感する。

 
「楽&安」ユニクロのブラトップ爆人気でブラジャー離れ加速?胸が垂れる心配も解消
 
女性用下着市場では、ここ数年ヒット商品が生まれず、メーカー各社は苦戦を強いられている。少子高齢化や市場成熟化の影響もあり、下着を含めた衣類の市場は全体的に縮小傾向であるのは、ある意味必然といえる。
 
だが、ブラジャーに関しては、その自然の縮小幅よりも大きく縮小している可能性がある。その原因は、08年にユニクロが発売した「ブラトップ」だ。このブラトップが楽すぎるがゆえに、多くの女性がブラジャーを着けなくなっているのだ…続きはビジネスジャーナル

関連記事
■セルフ美容ニーズが人気の理由。パナソニック、美容家電専門店を2倍へ
■頭皮ケア女性が増加!スカルプケア商品例から考えられる新たなニーズ
■女性の睡眠ニーズは今後も上昇。睡眠ビジネス事例

一緒に読まれている記事