損保ジャパンとDeSCが健康増進支援「Linkx」をスタート

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険(東京・新宿区)と、DeNAと住友商事の合弁会社DeSCヘルスケア(東京・渋谷区)は、健康維持や増進支援のサービスを共同開発する業務提携で2016年6月22日に同意、健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を9月より立ち上げることを発表した。2016年中にはアプリを中心としたサービスのローンチを予定している。「KenCoM」は健康診断データをweb上で閲覧でき、過去の健康状態の変化をグラフで確認したり、リスクの高い疾患を理解できる。

今回の提携で運営や連携するアプリ開発はDeSCヘルスケアが行い、損保ジャパンは顧客にサービスを広く提供していく。

関連記事
■タニタ×つくばウェルネスリサーチ、自治体向け健康支援で提携
■「米ホールフーズマーケット参考にした」ライフ、有機食品店オープン
■出産に対する価値観を知れば、マーケティングが分かる

一緒に読まれている記事