食事管理アプリ「あすけん」に 食事画像解析技術を搭載

ウィット(東京・新宿区)が提供する食事管理アプリ「あすけん」(ウィット)に、ソニー(東京・港区)開発の食事画像解析技術を採用することを2016年6月20日に発表、一般ユーザーへの公開を開始した。

従来、インターネットでの食事記録によるダイエットサポートでは、ユーザー自身が食べたものを手動で入力する必要があったが、この技術採用により、ユーザーはスマホで撮影した食事写真を投稿するだけで、栄養士監修の食生活改善アドバイスの自動提示が行われる。食事写真の登録からアドバイスまでの流れは以下。

STEP1:スマートフォンで食べた料理の写真を撮影し、「あすけん」に登録
STEP2:プログラムが、個別の料理が写っている領域を自動的に判別
STEP3:個別の料理に対して、ご飯・味噌汁・魚などの料理の内容を自動推測
STEP4:「あすけん」に登録されている10万種類以上のメニューデータベースから、判別結果に基づいてより詳細なメニューの選択肢を提案(引用元:あすけん)

関連記事
■機能性表示食品の消費者意識調査 2016に見る、消費者インサイト
■【厚労省】食の安心安全のハサップとは?導入義務化を理解しよう
■オイシックス×たまひよ、妊娠・産後ママの食事サポートサービス開始

一緒に読まれている記事