女子ウケ重視のビアガーデンが急増中!健康美容系も続々

居酒屋やビアガーデンはかつての「おじさんばかり」というイメージから「夏の女子会場所」に変わりつつある。店舗空間・メニュー・キャッチフレーズ・訴求の仕方なども女子ウケを狙ったものが増えている。今まで男性主体だった飲食店が女性ウケ重視にシフトする場合、「ヘルシー&ビューティーメニュー」を揃えることは必須だ。

トレンドは女子ウケ おしゃれな「ビアガーデン」が急増中

ビアガーデンといえば、これまでにバドガールやジンギスカンなどさまざまなブームが起こっているが、最近のビアガーデンで重視されているのは「女性ウケ」。つまり、男性中心でわいわい楽しむような場は少なくなっているのだ「ビールだけでなくシャンパンを置くお店が最近は増えており、また健康や美容に着目したドリンクやフードを出すお店も出てきている。ビールをしこたま飲めるという店よりも、雰囲気を楽しめるビアガーデンで、いろいろな飲み物を楽しめるところのほうがよさそうだ…続きは日刊ゲンダイ

関連記事
■【動画】SK-Ⅱ「もう一度夢を見よう」、感情マーケティングがうまい!
■【動画】資生堂が国際的広告賞で最高賞。消費行動を促す動画とは?
■2015年設立の化粧品開発のRPB、卸店舗数8000店。人気の理由

一緒に読まれている記事