ママ美容師が主役の美容室がオープン、差別化が明確!

(2016年7月6日の記事を更新)
スタイルデザイナー(神奈川県・横浜市)は、「Choki Peta 春日部店」を2016年7月15日(金)にオープンした。ChokiPetaは、ママ美容師を主役の美容室としており、各店のリーダーもママ美容師が担当している。約9割がパートタイム美容師というのも大きな特徴の一つだ。同社は2016年度『Choki Peta』ブランドの強化を掲げ、10店舗出店を計画している。

ファミリーをターゲットにしており、他の美容室と明確な差別化を行っている。美容室といえば「大人が行くところ」「オシャレをして行く場所」というイメージが強い。一般的には「パパは理容室、ママは価格が少し高めの美容室、子供はママカットまたはキッズサロン」という、家族それぞれがそれぞれのサロンを利用するという傾向にあるが、同店は、家族みんなでリーズナブルに利用できる点を打ち出している。サイトのトップページには、パパ・ママ・子供が一緒にうつった家族画像が掲載されており、見た瞬間に「家族向け美容室」であることが分かる。

ママ美容師が主役の店舗なら、客側のママも安心して子供と一緒に、あるいは一人で気軽に通いやすい。受付機で自動化されている受付、自動化されているシャンプー、退店前に客が自分でスタイリングできる専用の空間を店内に併設するなど工夫が多いのも魅力だ。

<編集部おすすめ記事>
半年先まで予約できない!超人気美容室「モテ髪師」の差別化戦略
美容センサス(実態調査)2016年上期発表!美容サロンは要チェック
男性に指摘されたら恥ずかしい老化現象TOP4から考える美容戦略
女性の8割が悩むのはどっち?「肥満」と「たるみ」
女性マーケティング戦略で「女性客を増やす」ための基本の考え方
美容・健康業界との融合が進む「1兆円産業市場」とは

一緒に読まれている記事