低血圧なのに降圧剤を飲み続ける高齢者70%

70歳以上の高齢者で、低血圧にも関わらず降圧剤を処方され続けている人が約70%もいることが、英国ケント大学・東ケント病院の研究で明らかになった。老年期に高血圧を治療すると、脳卒中やその他の心血管イベントを減少させるものの、健康保険のコスト増加につながったり、高齢患者の生活の質に負の影響を及ぼすとしている。⇒記事「低血圧なのに降圧剤飲み続ける高齢者が多い」(リンクDEダイエット)

 

関連記事
■認知症施策推進、厚生労働省の「新オレンジプラン」を理解しよう
■地域包括ケアシステムのためのビジネス事例と7つの成功ポイント
■認知症予防に関する意識調査。2025年の認知症人口は700万人

一緒に読まれている記事