50~70代女性の「自分のニオイ悩み」を理解しよう

50〜70代の女性が気にしている体のにおいランキングから、この年代ならではの「におい悩み」が見えてくる(女性誌、毎日が発見7月号調べ。読者モニター350人対象)

体の中でにおいが気になるところは?

  • 1位:口臭 32%
  • 2位:頭、頭皮 21%
  • 3位:ワキの下 12%
  • 4位:デリケートゾーン、尿もれ 12%
  • 5位:加齢臭 6%
  • 5位:足 6%
  • 6位:顔、化粧 4%
  • 7位:その他 7%

口臭は老若男女問わず気にしている人は多いが、4位の尿漏れと5位の加齢臭は、若年層には見られない中高年特有の悩みだ。

この年代の女性向けヘルスケア商品や情報コンテンツというと、病気予防、健康維持、運動機能維持をコンセプトにしたものが多いが、においに悩む女性は多い。人にはなかなか相談しづらいトピックだが、積極的に人との交流を求めるこの年代の「におい対策ニーズ」は高い。子供家族や孫との交流、趣味やサークル、スポーツクラブでの交流、旅先で出会う人との交流、ボランティア活動での交流。中高年の人間関係は活発だからこそ、におい対策をしっかりして外出をしたい。

年齢関係なく、女性は常に自分の体のにおいを気にしていることを、企業は理解しておきたい。

ニオイに悩む女性の実際の声

・年を重ねて、今までは全く気にならなかったにおいが気になる。加齢臭?53歳

・出かける時は尿漏れパッドを使っていますが、におわないか心配。73歳

・自分でも気にしてたが孫から『臭い』と言われ『やっぱりにおうんだ』と思った。67歳

・胃の調子が悪くなると、口臭がする気が。体のバロメーターです。67歳

(引用元:毎日が発見7月号)

関連記事
■シニア女性の顔の悩みとは?シニアの心を掴む資生堂のデザイン
■一人がいい若世代と比較する、交流したいシニア世代の消費動向
■ウォーキングイベントがシニア参加率が高い理由

一緒に読まれている記事