2016年のがん患者、初の100万人超と予測。死亡数トップは…

2016年のがん統計予測で、がん罹患数予測が初の100万人を超えた(国立がん研究センター調べ)。統計が作成され始めた1970年代から、罹患数は一貫して増加してるという。

がん罹患数予測概要

  • 【合計】 101万200例(2015年比較2万8000例増加)
  • 【男女比】 男性:57万6100例、女性:43万4100例
  • 【部位】 1位:大腸 2位:胃 3位:肺 4位:前立腺 5位:乳房(女性)

がん死亡数予測概要

  • 【合計】 37万4000人(2015年比較3000人増加)
  • 【男女比】 男性:22万300人、女性:15万3700人
  • 【部位】 1位:肺 2位:大腸 3位:胃 4位:膵臓 5位:肝臓

罹患数・死亡数ともに日本の高齢者人口の増加が増加の主な原因となっている。

関連記事
■超高齢社会での医療課題。日本は13か国中最下位
■予防医療分野で行動変容を促せた成功事例。「乳がん検診」編
■2015年設立の化粧品開発のRPB、卸店舗数8000店。人気の理由

一緒に読まれている記事