期待市場「スポーツツーリズム」の現状と課題

近年の国民の健康志向の高まり、スポーツ人口の増加、タビナカ消費のトレンドに加え、2015年に設立されたスポーツ庁の「スポーツによる地域・経済の活性化の支援」により、今「スポーツツーリズム」は期待される市場の一つだ。東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けてさらにスポーツに親しむ人は増えるだろう。

スポーツツーリズムの現状と課題

画像:三菱UFJリサーチ&コンサルティング

では具体的に「スポーツツーリズム」とは、どんな地域資源を活用し、どのような取り組みで消費者を地域に呼び込み、どのように地域内の消費行動につなげればいいのだろうか?また、スポーツツーリズム推進にあたり支障となることとは?

スポーツツーリズム受け入れ側の意識動向に関する調査結果をご紹介。今後スポーツツーリズムに取り組みたいと考える企業、宿泊業者、飲食店、自治体におすすめ。レポート詳細⇒スポーツツーリズム推進に向けた基礎調査〜スポーツツーリズムに対する受け入れ側の意識動向〜(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

<編集部おすすめ記事>
過去5年で最高売上 ヘルスツーリズム実施の旅館
シンガポールの病院はまるでショッピングモール
ドコモ・ヘルスケアに学ぶ女性へのPR。今後は企業によるヘルスツーリズム
人気高まるランイベント 女子注目のキーワードは?
70代消費活発。クラブツーリズムの「70歳からの海外旅行」
タイ、医療ツーリズムで観光客を呼び込む

一緒に読まれている記事