気になる競合の動画広告「何の媒体を使ってる?」企業向け調査

マクロミル(東京・港区)とデジタルインファクト(東京・文京区)が共同で行った「取り扱ってる・利用してる動画広告媒体は?」という企業の担当者向けに行った調査結果は以下。

取り扱ってる・利用している動画広告媒体は?

動画広告、何の媒体を使う?ランキング

画像引用元:マクロミル/デジタルインファクト

動画広告を有効活用する上で、最も重視している KPIは?

1位:視聴回数(48.3%)

2位:視聴者数(42.0%)

3位:クリック(37.0%)

4位:コンバージョン(33.3%)

5位:視聴完了数(27.8%)

6位:ブランド認知度(24.0%)

7位:ターゲットリーチ(20.3%)

8位:総視聴時間(18.3%)
(引用元:マクロミル/デジタルインファクト)

動画広告の効果に関して影響が大きいと思われることは何?

1位:動画の内容

2位:配信先媒体の質

3位:配信先で一緒に表示されているコンテンツの質

4位:尺

5位:配信時間

6位:配信日

7位:広告フォーマット

8位:フリークエンシー
(引用元:マクロミル/デジタルインファクト)

同調査の無料レポートダウンロードはこちらから⇒マクロミル×デジタルインファクト 企業の動画広告利用について (要無料会員登録)(マクロミル)

参考にしたい他社の動画事例~女性の心を動かす動画とは~

ウーマンズラボでは「行動変容を促す動画」「感覚や感情で購買決定を行う女性に対する感情訴求型の動画」「視聴者を引き付ける深い動画」など様々な視点から、視聴者の心を惹き付けている動画を随時ご紹介している。以下の動画は、いずれも参考になる点が多いので、ぜひご覧頂きたい。

【動画】 SK-Ⅱの「乾燥に強い化粧品」の打ち出し方が説得力大!

【動画】洗顔からマインドフルネスを提案する新しい訴求

【動画】ネットで賞賛の声多数!森下仁丹の「新卒採用」

【動画】ついにTVCMでも始まった「コト消費訴求」キリン生茶編

【動画】「生まれ変わっても女性にはなりたくない」資生堂の動画が深く考えさせられる

【動画】ちふれのCM、他社化粧品ブランドとの差別化が明確

【動画】岐阜県関市のPR動画が「インパクト強すぎ」と話題に

・【動画】行動変容を促進できる、これぞ真の啓発系CM~禁煙編~

 

一緒に読まれている記事