母の日に ヘルスケア関連企業が提案したら人気になりそうなこと

楽天リサーチの「母の日に関する調査」で、お母さんが実際に欲しいものは、花よりも「感謝の言葉」や「共有の時間」であることが分かった。(参照:楽天リサーチ株式会社 母の日に関する調査)

60代では65%が花をもらったことがあると回答しているが、実際に欲しいものは「感謝の言葉(41.0%)」や「共有の時間(40.0%)」だった。

画像引用元:楽天リサーチ

「母の日を子供と一緒に過ごしたいか?」という質問に対しては約6割が「過ごしたい」と回答。ヘルスケア関連企業は「母の日のプレゼントに。母と子で過ごすヘルスツーリズムプラン」「母の日イベント!母と子で参加するヨガイベント」といったコト消費の提案ができそうだ。以下の記事もご参考にどうぞ!

<関連記事>
9割のお母さんが疲労状態「母の日に欲しい疲労解消グッズは?」

盛り上がる大規模ヨガイベント、数千人が集結

シニア世代の「関係性消費」で、健康ギフト消費活発化の見込み

【編集部おすすめ記事】
日本・中国・韓国で異なる美意識
商品パッケージの表記を変えただけで女性の心を掴んだ事例
【動画】 SK-Ⅱの「乾燥に強い化粧品」の打ち出し方が説得力大!
美食女子グランプリに学ぶ、女性が喜ぶ商品コンセプト事例3~食編~
「試着だけでも全く問題ない」アシックスの取り組みが参考になる
フットケアも美容と医療の融合へ「ポディアトリスト」とは

一緒に読まれている記事