【動画】「Twitter流プレミアムフライデーのすすめ」ワーカーの意識変えるかも

実施開始前後はメディアでも大きく取り上げられ、生活者の関心も高かったプレミアムフライデー。しかし時の経過とともに「一部大手企業だけの話、ウチの会社では無理」「そもそも忙しい月末金曜日に早帰りなんて、非現実的」「このまま浸透せずに終わるんじゃない?」と冷ややかな声や意見も上がっている。

とはいっても「働きすぎ」と言われている日本人にとって、プレミアムフライデーの浸透が様々なポジティブ効果を生むことは間違いなく期待できそうだ。経済効果だけではなく、働く女性の「時間ご褒美」というQOL(クオリティオブライフ)向上を叶える施策の一つになるはずだ。特に育児やダブルケア問題を抱えながら働く女性にとって、プレミアムフライデーによってできる空き時間は貴重だ。

<関連記事>
晩産カップル、女性の不安はダブルケア

では、どうすればプレミアムフライデーを浸透させていくことができるのか?Twitterが公開した動画は特に大きな話題にはなっていないが、視点がいい。日頃から大きな影響力(特段、炎上系に強いとも言えるだろう)を持つ同社ならではの、「Twitter流、プレミアムフライデーのすすめ」なら、「プレミアムフライデーは浸透しない。このまま消えていく」というネガティブな声を吹き飛ばしてくれそうだ。

【編集部おすすめ記事】
プレミアムフライデー実施されたら「サロンへ行きたい」1位
イベント消費疲れ×プレミアムフライデーで、女性ニーズを満たそう!
働く女性の不調ランキングTOP14 ダイエットよりも気になること
うつ傾向がある人が感じる精神的不調と身体的不調とは?
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事