ホワイトデー女子会を商機に!マーケティングヒント集

来月14日(火)はホワイトデー。バレンタインデーにチョコを渡した男性からのお返しを待つだけではなく、近年は友人と一緒にホワイトデーを楽しむ「ホワイトデー女子会派」も増えている。バレンタイン商戦ほど賑やかさを見せない印象があるが、女性が同性と楽しむイベントになりつつある今、ホワイトデーも女性消費者を取り囲めるチャンスだ。本記事では「女性のホワイトデー消費」を促すヒントになりそうな記事をピックアップ。マーケティングのヒント、アイディア発想のヒントにどうぞ!

働く女性の不調

リラクゼーション関連の商品、サービスを扱う企業におすすめの記事。今年のホワイトデーは平日だ。仕事帰りの女性に向け、働く女性に多い不調にフォーカスした商品・サービスの「ホワイトデー割引」はどうだろうか?

<参考記事>
「働く女性の不調ランキングTOP14」

仕事中の間食に関する不満

働く女性のうち約9割が仕事中に間食をしている。仕事中によく食べるお菓子トップ5と、仕事中ならではの間食に関する不満について。

<参考記事>
「女性が勤務中に食べる間食ランキングTOP5とメーカーへの要望」

自分へのご褒美消費

近年のイベントの新しい特徴が「自分へのご褒美消費」。ホワイトデーは友人や恋人とは過ごさないけど、「自分のために何か買いたい!」という女性も多い。「自分へのご褒美消費」を狙うなら、こちらの記事がおすすめ。

<参考記事>
日本女性が参考にする、米国セレブ愛用の人気コスメランキング
30代~70代女性に人気の健康食品の原料・成分ランキングTOP5

中高年女性が言われて嬉しい言葉

中高年女性層を振り向かせるなら、これらの言葉を販促の文言に盛り込むのが良いかもしれない。

<参考記事>
40~60代女性が人から言われてうれしい言葉ランキング1

毎日頑張るママへのギフト用に

毎日子育てで忙しいママに向け、「企業からママへホワイトデーギフト」という形もいいかもしれない。自分時間が少ないことに不満を抱えている子育てママは、時間の捻出ができたらやりたいことが色々ある。その「やりたいこと」を形にしてママへのギフトとするのはどうだろうか?

<参考記事>
「もし時間を捻出できたら…」ママがしたいことランキング

女性に好まれるコンテンツ

最後に、ヘルスケア関連のコンテンツ作りのヒントになる記事をご紹介。2016年に売れた健康関連の書籍ランキングから、女性に好まれるコンテンツ作りについて考えたい。

<参考記事>
女性に好まれる健康・美容系コンテンツとは?HP,リーフレット,SNS企画のヒントに

 

一緒に読まれている記事