アラフォー世代がメイクで重視するのはトレンドよりも…?

アラフォー世代をターゲットにするプレシャス3月号(小学館)は、大人世代のメイクとして「加齢トラブル解消」のメイクを提案。ツヤ肌のトレンドは取り入れつつも、アイメイクに関しては加齢カバーがテーマだ。

小さな加齢トラブルであれば数日間のケアや生活習慣の見直しで回復が可能だった30代までとは異なり、アラフォー世代は、女性ホルモンの乱れやコラーゲンの減少などが影響し、加齢トラブルが「本格化」する。この世代がトレンドメイクよりも加齢解消メイクに興味関心を寄せる理由だ。

アラフォー世代のあるある加齢トラブル

アラフォー世代、40代のあるある加齢トラブル一例はこちら。

・老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)が徐々に増えてくる

・ニキビ跡がシミになる

・コラーゲンの減少に伴い、肌のハリや弾力が失われてくる=シワやたるみが目立ち始める

・毛穴の目立ち

・全体的なくすみ

・笑いジワが固定化し深くなる

・目の下のクマ、くすみ

・まぶたのたるみ

・フェイスラインの崩れ
など

アラフォー世代が求めるメイクは、「程よいトレンド」と「自然な若さ」

アラフォー世代は、「年齢を感じさせる古いメイク」は避けたいけれども、「程よいトレンドは取り入れたい」「無理に若作りはしたくない」。取り入れるものと取り入れないものを適度に切り分けてメイクをするのがこの世代の特徴だ。以前大流行したキーワード「美魔女」は、「40~50代になって無理した若作りは痛々しい」「恥ずかしい」「無理しているみたいで疲れそう」といった理由から今は敬遠されている(魔女という言葉に違和感を持つ女性も多い)。今は、無理な若作りよりも「自然な加齢」が女性全体のトレンドになっている。以下の記事も参考にしたい。


<関連記事>

「アンチエイジング」嫌う女性たち 次の共通語は?

<編集部おすすめ記事>
表記とのギャップに低評価の嵐 コーセーの口紅コート
2016年化粧品市場規模2兆円から考える、女性の心を掴む戦略
100円で満足する女性が増加中 「100円で十分!」と思われている商品例
女性に大ブーム「イガリメイク」がアラサー向けで書籍に
女性のメイクトレンド 主役は「目」から他パーツへ
眉メイク対策に商機!悩みつつも対策しない女性7割

一緒に読まれている記事