【厚労省】介護の自己負担引き上げへ 年収340万円以上が対象

介護保険サービスの自己負担を3割に引き上げる対象について、厚労省は、年金などの収入が340万円以上の高齢者とする方針を発表。これにより負担が増えるのは約12万人。引き上げは2018年8月に行う計画。⇒介護の自己負担3割、年収340万円以上が対象 利用者の約3% (ケアマネタイムス)

 

おすすめ記事
介護事業者の倒産、過去最多ペースに
「要介護の高齢者数」2013年以降、増加の伸びが男女ともに縮小へ

一緒に読まれている記事