健康管理支援で来店促す イオンの取り組み本格化

画像引用元:SANCHU

画像引用元:SANCHU

無料の健康関連サービスや体験提供をフックに集客を強化する店舗が増えてきている。健康相談ができるドラッグストア、健康体操イベントを定期開催するスーパー、ヘルシーメニュー提供で朝活イベントを開催するカフェなど。

イオンも同様に、健康管理を支援する専門コーナー「ヘルスステーション」の設置で高齢者の来店を促す取り組みを本格化する。同専門コーナーでは血管年齢、骨密度、肌年齢など様々な計測機器を置き、誰もが無料で利用できる。計測した数値をもとに同社専任担当者がアドバイスを行う。⇒イオン、来客の健康管理を支援 店舗に専門コーナー (日経新聞)

 

関連情報
全国に「ヘルスステーション」を展開して、イオンから健康を発信したい(イオン採用HP)
目黒区とイオン株式会社の「包括連携協定」締結(イオンリリース)
ショッピングがてら運動できる!イオン モールウォーキングの様子(SANCHU)

おすすめ記事
シニア世代の「関係性消費」で、健康ギフト消費活発化の見込み
企業が思うほど、生活者の健康リテラシーは高くない?
がん意識調査。自分ゴト化させて、生活者の健康行動を促す2つの施策

一緒に読まれている記事