プレミアムフライデー 消費喚起を見込める業界は?

プレミアムフライデー消費 市場

画像引用元:みずほ総合研究所

今月24日(金)から実施されるプレミアムフライデーに向け、飲食店やホテル、百貨店を中心に各社が続々と特別プランやイベント開催をPRしている。プレミアムフライデーは働き方の見直しや個人消費喚起を目的とした政策だが、どれくらいの消費が見込めるのだろうか?

「期待されている分野は旅行消費。これから期待できるのはサービス消費」と分析するエコノミスト宮島貴之氏(みずほ総合研究所  経済調査部主任エコノミスト)のレポートをご紹介。

外食業界、小売業界、ヘルスケアツーリズムやスポーツツーリズムを提供するホテル・旅館・観光業界は、今後のプレミアムフライデー消費の活発化を期待して、女性たちの消費動向を先読みしておきたい。⇒「プレミアムフライデーによる消費押し上げ効果は0.2〜0.3兆円」(みずほ総合研究所) 

あわせてこちらの記事もどうぞ。

<参考>
「プレミアムフライデー消費を狙え、年代別の効果的なマーケティング戦略」(ウーマンズラボ)

 

関連情報
60秒でわかる「プレミアムフライデー」(経済産業省)
伊勢丹は「学ぶ」「出会う」「味わう」「触れる」をテーマに体験型イベントを実施(伊勢丹新宿店)
プリンスホテルの「プレミアムフライデープラン」(プラン紹介ページ)
24日(金)1日限りのスペシャルプランを提供  銀座の寿司バー(食べログ)

おすすめ記事
プレミアムフライデー消費を狙え、年代別の効果的なマーケティング戦略
プレミアムフライデー実施されたら「サロンへ行きたい」1位
2017年 女性の消費行動の特徴は?ライフスタイル新潮流