ホームセンター、ドラッグストアとの提携・統合への道か?

採算の良い医薬品や化粧品取り扱いが強みのドラッグストアは、その他にも生鮮食品、飲み物、園芸品など様々な商品を揃え、より多くの生活者ニーズに応え続けている。

それに対し、日用品などを安く販売するホームセンターは、医薬品や化粧品を持つドラッグストアに顧客を奪われ続けている状態が続く。それに危機感を持ったホームセンターは再編に動いたが、それでもドラッグストアには太刀打ちができないという。

Business Journalは、「ホームセンター同士の統合ではドラッグストアには太刀打ちできない。ドラッグストアとの提携・統合に向かうことになる」と伝えている。競合は同業だけ、という考え方はもはや昔の話だ。⇒記事詳細「熾烈な再編戦争のホームセンター業界、ドラッグストアに客流出が深刻化…対抗から提携へ」(Business Journal)

 

編集部おすすめ記事
消費者購買行動年鑑 2017「ドラッグストア編」「スーパー編」が発行
店内のヘルスケア指導 AEON、ドラッグストアに続きスポーツショップでも
ドラッグストア市場はついに百貨店超え 前年度比5.9%増
主婦はドラッグストアでも食材購入、から考える「使い分け消費」を理解しよう
小売りが真似したい!女子が求める情報は正にこんな形態

一緒に読まれている記事