今さら聞けない…「機能性表示食品とは、つまり?」簡単に理解しよう

今さら聞けない…でもいまいちトクホや栄養機能食品との違いがよく分からない、という方に。消費者からは「トクホ、機能性表示食品、栄養機能食品。違いがよくわからない」という声も多い。読者の皆さんも、「まだフワッとしか理解できていない」方は今一度ここで復習しよう。消費者庁から「機能性表示食品って何?」というタイトルで一般消費者向けに分かりやすい資料が公開されたので、ご紹介したい。

機能性表示食品とは

機能性表示食品とは、トクホや栄養機能食品とは異なる新しい食品の機能性表示制度のことをさす。各事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして消費者庁に届けられた食品のことで、平成27年4月に制度が始まった。

機能性表示食品とは

画像引用元:消費者庁

上記図解にある「一般食品・その他健康食品」には、栄養補助食品・健康補助食品・栄養調整食品といった表示で販売されている食品が該当する。

制度5つの特徴

機能性表示食品とは

画像引用元:消費者庁

生鮮食品も対象になっているのが機能性表示制度の特徴だ。スーパーでも「機能性表示食品」と表記のある生鮮食品が並んでいるので、店頭でチェックしてみよう。機能性表示食品届出一覧は、消費者庁サイトで随時掲載・更新される。

<参考情報>
機能性表示食品届出一覧(消費者庁)

どのようにパッケージで表示されているのか?

機能性表示食品とは

画像引用元:消費者庁

今までにリリースされた機能性表示食品の例に、インスタントコーヒー、みかん、お米のお菓子、粉末緑茶飲料、ソーセージ、チョコなどがある。詳細については以下各情報のご確認を。

<関連情報>
消費者向け:機能性表示食品とは?(消費者庁)
機能性表示食品届け出に関するガイドライン(消費者庁)
商品の開発・販売を考える前に。食品関連事業者の方へ(消費者庁)

<編集部おすすめ記事>
米菓カテゴリー 初の機能性表示食品登場
「ヘルシーチョコ」へ熱い視線 機能性お菓子人気カテゴリーに
機能性表示食品の消費者意識調査 2016に見る、消費者インサイト

一緒に読まれている記事