「運動をする一番の理由は何?」スポーツ庁の調査結果

スポーツ庁は運動・スポーツの実施状況等に関する世論調査結果を発表した。調査結果概要は以下(スポーツ庁「平成28年度スポーツの実施状況等に関する世論調査について」 2017 )

・週1日以上運動する成人は42.5%

・週3日以上運動する成人は19.7%

・20~40代の運動実施率が低く、男女とも70代が最も高い

・「この1年運動はしなかった」「運動は今後もするつもりがない」と回答したのは27.2%

・運動を実施した理由は、「健康のため」77.4%、「体力増進維持のため」53.0%、「気晴らしのため」45.1%

・運動実施頻度が減った理由は「仕事や家事が忙しいから」が32.8%で最多。「面倒くさい」24%、「年とったから」15.9%、「お金に余裕がない」14.2%

画像:スポーツ庁

国内における成人のスポーツ人口は30年で右肩上がりで増えているとはいえ、20~40代の女性の運動実施率は特に低い結果となっている。ある調査では20~30代女性の30%がロコモという結果も。

<関連記事>
まだ若いのに…!20~30代女性30%がすでにロコモ

特に運動実施率が低くなりがちな子育てママや働く女性を対象とした「忙しくても気軽に楽しく取り組める」運動関連商品・サービスは、ニーズが高そうだ。運動関連の商品、サービス事例として以下の記事も参考にどうぞ。

<関連記事>
期待市場「スポーツツーリズム」の現状と課題

スポーツ月謝から考える、運動系イベントの成功パターンは?

【スポーツ庁】2025年までにスポーツ産業15兆円へ、一番の商機は?

ありそうでなかった!スポーツ人口増加に寄与、期待のアプリ登場

一緒に読まれている記事