女性の購買にも影響を与える「CSR」トップ700社発表

消費者は買い物をする度に各商品・サービスを販売する企業のCSRを気にするわけではないが、企業のCSRは、女性の購買行動に影響を与える要素の一つだ。女性はもともと共感能力が高いため、企業の取り組みに嫌悪感・好感を抱きやすい。嫌悪感・好感がそのまま「その会社の商品を買いたいか?買いたくないか?」に直結する。女性消費者に好かれる企業になるためにはCSRも欠かせない要素となる。

この度東洋経済は「CSR企業ランキングトップ700」を発表した。同誌によるポイント算出法でランキングづけされる。1位~700位を掲載中。⇒ランキング詳細「最新版!CSR企業ランキングトップ700社」(東洋経済オンライン)

【編集部おすすめ記事】
あなたは大丈夫?健康を維持できる1カ月の残業時間のライン
「生まれ変わっても女性にはなりたくない」資生堂の動画が深く考えさせられる
【男女の違いを理解しようvol.2】相手が男性か?女性か?で態度が変わるビジネスマンたち
患者が治療を中断する3つの理由 医療ICTに関する意識調査結果
週刊新潮 商品名掲載で批判「トクホの大嘘」11ページの特集
ハードな子育てが漫画で伝わるTwitterに共感の声 11万いいね

一緒に読まれている記事