【経産省】 昨年はヘルスケア事業多数受賞 第2回日本サービス大賞募集開始

経済産業省は、日本の優れたサービスを表彰する制度「日本サービス大賞」の募集を6月1日に開始した。第一回目で内閣総理大臣賞を受賞したのはクルーズトレイン「ななつ星in九州」だった。

日本サービス大賞とは

日本経済はGDPと雇用の7割超をサービス産業が占め、サービス化の流れは更に業界を超えて進んでいます。本賞は、多岐にわたる業種の多種多様なサービスを共通の尺度で評価し、優れたサービスを表彰する制度です。(引用:第二回日本サービス対象)

応募メリット

  • 内閣総理大臣賞をはじめとする各賞の栄誉
  • 従業員の士気や満足度の向上
  • 提供サービスへの新たな「気づき」
  • 優れたサービスとしてのPR 効果
  • 提供するサービスの信用力の向上
  • ビジネスチャンス創出、事業拡大

応募受付期間は、2017年6月1日(木)から2017年8月31日(木)15時(必着)まで。

第1回目はヘルスケア関連事業が多数受賞!

昨年の第1回目日本サービス大賞では、ヘルスケア関連事業が多数受賞している。

【編集部おすすめ記事】
【経産省】「攻めのIT経営銘柄2017」ヘルスケア分野の企業複数選出
【経産省】中小企業向けの健康経営優良法人2017追加認定受付 6/1より開始
【経産省】2017年より7/24をテレワーク・デイに 参加企業募集中 
【経産省】ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト受賞企業6社
【経産省】健康経営優良法人(ホワイト500)制度をスタート

一緒に読まれている記事