【農林水産省】受賞産品は大きな知名度アップ期待!FAN2017募集開始

農林水産省が開催する、フード・アクション・ニッポンアワードは、地域の食文化や農林水産物などを活かした魅力的な産品を発掘するコンテスト。今年度で10回目を迎える。審査委員はイオンリテール、イトーヨーカドー、紀伊國屋、阪急阪神百貨店などの代表取締役社長など一流企業のトップ10名が務め、入賞100産品のうち、品評会やwebサイトでの消費者投票などを経て受賞した10産品が審査委員企業で販売されるという流れだ。

受賞産品は大きな知名度アップを期待できる。地域企業や各審査員企業等のバイヤーが注目するコンテンストだ。コンテストHPには、これまでの審査結果一覧も掲載。⇒詳細「フード・アクション・ニッポンアワード2017」(FOOD ACTION NIPPON)

【編集部おすすめ記事】
食生活、何に気を付けてる?食生活と農林漁業体験に関する調査
【文化庁】今トレンドのエリアマーケティングの参考に ~全国の郷土食が分かる報告書~
女性ニーズ高いレトルト食品 必要な配慮は「栄養バランス、添加物減らす」
女性が好きな野菜と食べる頻度 人気ランキングTOP10
【保存版】ヘルスケア女性マーケティングに役立つ!政府公表の資料・データまとめ
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事