高齢者見守り・健康管理など「スマートコミュニティ」事例集 ~柏市のケース~

画像:経済産業省 「スマートコミュニティ事例集」

スマートコミュニティの普及に向け経済産業省は、事業概要などをまとめた日本の「スマートコミュニティ事例集」を作成した。

スマートコミュニティとは
IoTや蓄電池制御等の技術を活用したエネルギーマネジメントシステムを通じて、地域におけるエネルギー需給を総合的に管理し、エネルギーの利活用を最適化するとともに、高齢者の見守りなど他の生活支援サービスも取り込んだ新たな社会システムです。(引用:経済産業省)

事例集に掲載されているスマートコミュニティの一つ、千葉県柏市の「柏の葉 スマートシティ」では、健康の取り組みにも力を入れており、「スマートヘルスプロジェクト」を展開している(スマートヘルスプロジェクトに関する解説は動画1分20秒~1分50秒まで)。

今後日本各地に誕生するであろう「スマートコミュニティ」の中でも、ヘルスケア・福祉の分野は重要な位置づけとなっていくはずだ。⇒事例集「スマートコミュニティ事例集」(経済産業省)

【編集部おすすめ記事】
【動画】まるで映画の世界!AIはヘルスケア・消費・シニアの生活をどう変える?
認知症高齢者グループホームの経営状況 入所利用率維持のポイント
日本のヘルスケア企業の未来、世界をリードする可能性3つのポイント
シニア女性マーケティングの参考になるデータが豊富!(ヘルスケア関連白書更新)
【保存版】女性向けヘルスケアビジネスの基本と全体像が分かる!まとめ

一緒に読まれている記事