エシカル消費志向が最も高いのは20~40代のうち、どの世代?

エシカル消費志向は30~40代よりも20代に多いことが、SMBCコンシューマーファイナンス(東京・中央区)の「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」で分かった。

エシカル消費とは「倫理的な消費スタイル」のことで、環境や社会に配慮した製品・サービスを意図的に購入・消費することを指す。30~40代も「多少高くても、社会のためになる活動をしている企業の商品・サービスを購入したい」と回答したのは約半数だったが、20代はそれを上回る結果となった。

画像引用元:SMBCコンシュマーサービス

30~40代で最も顕著だったのは「購入検討する際、同じ商品群・サービスの中で“最安値”のものは必ずチェックする(87.5%)」だった。だが同時に「お金をかけるべきもの”は何かを考え、その分野ではお金を惜しまない」が76.5%で、30~40代は「メリハリ消費」の消費意識が強いことが分かった。⇒レポート詳細「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2017」(SMBCコンシューマーファイナンス)

<関連情報>
SMBCコンシューマーファイナンス
エシカル消費って、何?(NHK ONLINE)
「メリハリ消費」時代の消費者心理をつかむ(セブン&アイホールディングス)

<編集部おすすめ記事>
売って買う・買って売る消費者増加 企業の競合は「消費者」へ 
30代~70代女性の健康の悩みランキングTOP10
伸び率落ち着くインバウンド消費 化粧品市場次の商機は?

 

一緒に読まれている記事