一年前と比較して支出を減らしたものは?生活者意識調査

日本銀行による生活意識に関するアンケート調査。特に注目したい調査結果は以下。

<参照元>
生活意識に関するアンケート調査(日本銀行)

一年前と比べて支出を増やしたもの

一年前と比べて支出を増やしたものトップ3は、食料品、家電、保健医療サービス。

画像引用元:生活者意識に関する意識調査(日本銀行)

一年前と比べて支出を減らしたもの

一方で、一年前と比べて支出を減らしたのは、外食、衣服・履物類、旅行。

画像引用元:生活者意識に関する意識調査(日本銀行)

商品やサービスを選ぶ際に特に重視すること

商品やサービスを選ぶ際に特に重視することは、以下。

1位:価格が安い

2位:安全性が高い

3位:長く使える

4位:信頼性が高い

5位:機能が良い

6位:アフターサービスが充実している

7位:健康に良い

8位:環境や社会に配慮している

9位:デザインが良い

10位:好奇心が刺激される
(引用元:生活者意識に関する意識調査(日本銀行))

1位の「価格が安い」に対し価格が高くなりがちな「長く使える(3位)」と「機能が良い(5位)」がランクインしていることから、消費の二極化が進んでいる様子が見えてくる。

<関連記事>
100円で満足する女性が増加中 「100円で十分!」と思われている商品例

生活者の消費意識を理解する上で、「日常に幸せや充実を求める」傾向が強くなっていることも把握しておきたい。

<関連記事>
「幸せ・充実」を非日常には求めない女性生活者が増加中

<編集部おすすめ記事>
浸透しづらいと言われる啓発活動でも、拡散している事例~自閉症の場合~
女性の共感相次ぐ、化粧品企業のテレビCM
【閲覧注意】行動変容を促進できる、これぞ真の啓発系CM~禁煙編~
女性から高評価!化粧品メーカーは「フタの変更」を検討してみよう
今、女性の心を掴む仕掛けは「日本らしさ」 各社の成功事例
「差別化戦略」が参考になる!女性に人気の商品・サービス10選

 

一緒に読まれている記事