約9割の人が抱く、糖質オフ商品に対するネガティブイメージとは?

菓子メーカーの正栄デリシィ(茨城・筑西市)が実施した糖質オフ商品に関する調査結果。80%以上の人が「糖質」を気にする一方で、「糖質オフ・低糖質」の商品を「買ったことがない人」は31.5%という結果となった(参照:株式会社 正栄デリシィ 2017  『糖質』に関する調査)

画像引用元:株式会社 正栄デリシィ 2017  『糖質』に関する調査

買ったことがない人のうち87%は、「糖質オフ・低糖質」に対して、「味が美味しくなさそう」、「商品の価格が高い」「人工甘味料が入っていそう」というイメージを持っていることが明らかになった。菓子・食品メーカーだけでなく、飲食店でも糖質オフ・低糖質メニューが増えてきているが、こられのネガティブイメージを払拭するための取り組みは必要そうだ。

<関連記事>
市場拡大中!2017年、低糖質食品に消費者が求めるものとは?

【編集部おすすめ記事】
低糖質&手作りパンの人気を受けて新登場のキッチン家電
健康志向の高い女性に増加中の「オルトレキシア」とは
糖質制限はブームから定番のヘルスケア概念へ
漬物調査「健康・美容に良い」が多数 消費量拡大のヒント
強化食品という考え方。調味料が母子の栄養状態を改善?
「ヘルシーチョコ」へ熱い視線 機能性お菓子人気カテゴリーに

一緒に読まれている記事