65歳以上人口が2050年に4.8億人 中国の健康に関する行動計画

中国の65歳以上の人口は、2016年の1.5億人から2050年末には4.8億人に上昇すると予測されており、65歳以上人口は同国総人口の34.1%を占めることになる。2050年に向け、IT技術による健康関連の商品やサービスの供給が早急に求められている。みずほ総合研究所発行のレポートによると、中国がこの度策定・発表した行動計画では以下5つを示しているという。

1.キーテクノロジー・製品の研究・開発の推進

2.スマート型健康・高齢者介護サービスの普及

3.公共サービスプラットフォームの整備強化

4.スマート型健康・高齢者介護に係る標準体系の構築

5.スマート型健康・高齢者介護サービスのネットワーク構築とネットワークの安全保障の強化
(引用:みずほ総合研究所)

中国工業情報化部・民政部・国家衛生計画生育委員会が発表した「健康・高齢者介護産業の発展に関する行動計画」をもとにみずほ総合研究所が解説。⇒レポート「スマート型健康・高齢者介護産業の発展に関する行動計画(2017~2020年)」(みずほ総合研究所)

 

<編集部おすすめ記事>
米国で抹茶人気広がる 朝の珈琲代わりに抹茶飲むスタイル
女性の共感・支持を得る、最近の世界的トレンドとは
ヘルスケア市場で女性客を増やす!5つの手順別まとめ記事
シニアの心を掴むなら、年金受給者「生活費内訳」を把握すべし
シニア女性が今積極的に参加することとは?

一緒に読まれている記事