花王の旗本店11/13銀座にオープン。本格的な肌診断はエステ以上

カネボウ買収後は苦難の連続と言われる花王が、本格的な肌診断ができる店舗を今月13日に銀座にオープンする。苦難の連続と言われる中での新戦略「旗本店オープン」は業界関係者や株式市場では微妙な反応のようだが、女性消費者の立場から見ればこれは嬉しいサービスだ。

生命美容科学ならでは、本格的な肌診断でできること

店舗では1日7名限定の予約制「パーソナルレッスンスタジオ(¥3,240)」で90分間、肌診断とレッスンを受けることができる。

  • 血管力測定
  • 肌の見え方測定
  • セラミド網羅分析
  • 角層細胞分析

この4つを店舗で測定してもらい、2週間後に再度訪問してカウンセリングを受けるかあるいは郵送で受け取りが可能。化粧品カウンターで血管力測定とは体内美容色も強く魅力的だ。

ポイントは「自宅でも継続できる」ようにすること

レッスンスタジオが終った後は・・・

ご自宅でもご自身で正しいお手入れ方法を実践できるように、レッスン内容のポイントを書いた「パーソナルレッスンシート」と「レッスン教材(化粧水・乳液を約2週間分)」をお渡しします。(引用:ソフィーナ)

本格的な肌診断の後に、レッスン教材をもらえるのは楽しい!行動変容にも関係してくるが、継続購入率を上げるためには「自宅時間」をどれだけ自社商品に割いてもらえるかが鍵。「ここで学んだことを自宅でも継続してもらえる」仕組みを提供することは企側にとってだけのメリット以上に、お客様からの好反応が大きい。「お金を払った以上、その場で終わりではなく習慣化してこそ元をとるぞ!」というのがあるためだ。

現在の予約数を見ると「まだまだ感」があるものの、オープンしてからは順調に増えそうだ。自宅以上エステ未満の、このような店舗は他にも資生堂やファンケルがあるが先日配信した無料メルマガでもお伝えした「自宅ケア女性が増えている」「家中時間は大きな市場」を考えると、(業界や株式市場からの反応は冷ややかでも)花王ソフィーナの旗本店のような形態は女性消費者からの反応は期待できるからだ。

関連記事
■実は平均価格¥3,000?「エステは低価格!」の経営を脱する方法
■高まるセルフ美容ニーズとその理由。パナソニック、美容家電専門店を2倍へ
■ファンケル、水素ブース設置で体内からエイジングケアを開始

一緒に読まれている記事