認知症予防に関する意識調査。2025年の認知症人口は700万人

画像引用元:日清オイリオ

画像引用元:日清オイリオ(以下同じ)

認知症予防に関する意識調査結果(n=1200/11月発表/日清オイリオ調べ)。40代で既に「認知症予防に役立つ情報に関心があるか?」に対して半数が関心がある、だが40代頃からは自身またはパートナーの親の介護も増えてくる年代になるため、自分の予防のために関心があるというよりは親のためというのも関係していそうだ。

認知症予防に関してどのような情報が欲しい?

画像引用元:日清オイリオ

1位は「予防に必要な生活習慣」が74%と断トツになった。

実際に予防している、あるいは今後予防のために実践しようと思っている対策は

 

画像引用元:日清オイリオ

1位は「認知症予防に良いとわれている食材を積極的に摂る」。上記2つの回答を見ると「日々の小さな積み重ねで予防したい」ニーズが見えてくる。

認知症予防の情報はまだまだ不足している

認知症予防に限らず、病気予防に最も必要なのは正しい情報だが、認知症予防に関する情報はまだまだ不足気味だ。ダイエットやビューティに関する情報は超飽和状態だが今後、超飽和状態と言われるほどに必要な情報、ニーズある情報は認知症予防を含めた病気予防のための正しく専門的な情報だろう。

 

関連記事
■介護施設、喜びや生きがい提供を重視。介護レクサポーター制度開始
■女性客中心に、平均日販2割増の店舗戦略は「ヘルスケア特化型」
■ルネサンス、「認知症」「生活習慣病予防」重視のヘルスツーリズム参入

 

一緒に読まれている記事