2015年の美容トレンドの法則は面美容

この一年間の美容トレンドを振り返ってみると、「点美容」ではなく「面美容」に大きく移行していることがわかる。この傾向はここ数年で徐々に見られるようになっているが、特に今年はその流れが定着したようだ。

点美容と面美容の違い

点美容とは、悩みに直接アプローチするという考え方で言い換えれば対処療法的。例えば以下のようなイメージだ。

  • 髪の毛にトリートメントをつけて髪の毛をサラサラにする
  • エステサロンや美容外科で顔の施術を受けて顔のたるみケアをする
  • 粉末状のダイエット置き換えドリンクで体重を落とす

確かに、直接アプローチをかけられるので瞬間的あるいは短期的には「良くなった」と実感できる。

これに対し「面美容」とは、体全体を俯瞰し、根本的改善を念頭に悩みにアプローチをかけていく考え方。顔や体の悩みを作り出している根本原因の解決を図ることで悩みを改善するのが目的で、結果的に体全体の不調な悩みも解決できるのが特徴だ。

つまり、前者は「木を見て森を見ず」状態で、経験豊富&情報収集力に長けている賢い女性消費者たちは、前者の点美容では長い目で見た場合自分の悩みは解決されないということに気付き始めている。

面美容を提供するサービス・商品事例

そんな賢い女性消費者たちのニーズに応えているサービスや商品がこちら。格段目新しいわけではないのだけど「なるほど、確かに言われてみれば面美容だらけ」とお気付きになるのでは?

髪のケアは頭皮ケアから

ここ近年でじわじわと人気を集めている「頭皮ケア」。男性の方が主流だった頭皮ケアが女性にも浸透し始め、特に今年はCMや女性誌でも頻繁に見かけた。元気で美しい髪の毛を生やすためには、髪の毛をケアすするのではなく、健やかな頭皮を作ることが大切、という考え方だ。頭皮ケアシャンプー、ヘッドスパ、自宅でできる頭皮ケアアイテム等。

顔の美肌、顔のたるみケアのためのヨガやストレッチ

顔ヨガや顔ストレッチではなく、顔悩みを改善するために体を使うヨガやストレッチのこと。例えば、顔のたるみなどを改善するためには、顔ヨガや顔マッサージ、美顔器も良いけれど、一時的な改善ではなく根本解決や効果を持続させるには、体全体の血流やリンパの流れを促したり凝り固まった体の癖を筋肉レベルで改善しましょう、というものだ。

体は一つにつながっているので、顔だけにアプローチするよりも体全体にアプローチする方が実はてっとり早い。当たり前のことだけど、それが今まで当たり前じゃなかった。体全体で顔の悩みを解決する、という考え方は女性にとっては常識になりつつある。

スムージーやTGGヨーグルト等、栄養価豊富な食品ダイエット

バナナだけ、りんごだけ、置き換えドリンクを飲むだけ、などの単品&制限系ダイエットが主流だったのは一昔前。今は、体調を崩さず美容も損なわないダイエット法が主流。

スムージーは、新鮮な栄養素を摂取できるので美容効果もあり、今やダイエットのためというより美容のために飲む定番ドリンクとして日常にすでに定着している。体重だけ落とせればいいや、という考え方は特に年齢が上がるほどなくなっていき、ヘルシーボディで且つ美容面にもプラスになることを考慮するようになる。大人ダイエットこそ、面で考える必要がある。

<参考記事>
・ローソン発売開始のロカボパスタとは?食は制限系より、ゆるやか系

全体美容はコスパも良いから女性に人気

例に挙げたものに限らず、いろいろ見渡してみると「体全体」をベースに考えているものが増えている。根本解決ができ、さらに副次効果があることは「コスパ」も良いのだから、女性の心を掴む美容商品・サービスを新規開発する際はそのポイントを抑えよう!

 

関連記事
■主婦はドラッグストアでも食材購入、から考える「使い分け消費」を理解しよう
■女性消費者の調査結果をマーケティングに活かすときの3つの注意点
■女性向け販売戦略の効果最大化のために意識すべきたった一つのこと

一緒に読まれている記事